デザインの勉強

【Illustrator】アイコンを簡単に手書き風に変える方法

こんにちは、mito(@mito_works)です。

mito
mito
無料で提供してくださっているアイコンはすごくありがたい!でもそのまま使うと自分のデザインイメージと合わなくなってしまう..ということありませんか??

 

momo
momo
塗りの面積が広い視認性の高いアイコンから少し手書き風の要素を加えたいな..ということ、あるよね!

少し、加工するだけ一味違うデザインになります。今回は2つの方法でアイコンを手書き風に加工する方法をご紹介します。

それではいってみましょう〜

 

完成イメージ

まずは完成イメージから。

今回は、こちらの無料アイコンを使わせていただきました。

 

momo
momo
左側が元々ダウンロードしたpngのアイコンイメージ、右の2つが手書き風に加工したものだよ!
mito
mito
ブラシツール を使う方法アピアランスで加工する方法を解説していきます!

ブラシツール を使って手書き風アイコンに変える方法

アイコンをトレースする

ダウンロードしたpngデータをアートボードに貼り付ける

先ほどのサイトよりアイコンをダウンロードし、データをイラストレーターのアートボード上に貼り付けます。

 

オプションバーの「画像トレース」をクリック

上部にあるオプションバーの「画像トレース」ボタンをクリックしてトレースします。

オプションバーの「画像トレースパネル」をクリック

トレース結果を細かく調整するために、オプションバーの「画像トーレスパネル」をクリックします。

カラーモードを「白黒」にします。

momo
momo
詳細の三角矢印を押すとより詳細の数値を変更できるようになるよ!

プレビューを見ながら数値を調整していきます。

トレースを確定する

「拡張」をクリックし、トレースを確定します。

mito
mito
レイヤーパネルを確認すると、画像がパスに変更されていることがわかると思います。
momo
momo
ダイレクト選択ツールで全体を選択しても、パス化を確認することができるよ!

トレース後の微調整

トレース結果をレイヤーパネルで確認しつつ、不要なパスを削除します。

また、パスは単純化している方が扱いやすいので、メニューバーの「オブジェクト>パス>単純化」からパスを単純化しておきます。

ブラシツールを使う

ブラシツール の選択

先ほどトレースしたパスを全て選択した状態で、ツールバーのブラシツール を選択します。メニューバーより「ウィンドウ>ブラシ」でブラシパネルを出し、ブラシを選びます。

momo
momo
今回は、ライブラリーからアート>アート_木炭・鉛筆を選んだよ!

さらに、その中の「鉛筆(斜め)」を選びました

ブラシツール の適応

「鉛筆(斜め)」をクリックし、パスにブラシのテクスチャを適応させます。

色を変える

ブラシの色を変えていきます。

まず、今適応させた「鉛筆(斜め)」をブラシパネルからダブルクリックし、「アートブラシオプション」を表示させます。

mito
mito
着色の方式が「彩度」になっていることを確認します。

ツールバーの色パネルの色を変える

ブラシツール を選択したまま、色パネルを見ると、今はデフォルトなので添付のような黒っぽい色になっていると思います。

色パネルの塗りと線、両方順番にクリックし、色を変えます。

momo
momo
今回は#FFDE2Aにしてみたよ!

上手く色が反映されい場合の確認事項

mito
mito
黄色を指定したはずなのに、灰色になってしまう..など上手く色が反映されない時は、カラーパネルを確認してみてください。
momo
momo
グレースケースになっている可能性があるよ!

メニューバーから「ウィンドウ>カラー」でカラーパネルを開きます。

グレースケールになっている場合は、右のメニューより「RGB」に変更してください。

mito
mito
塗りと線両方のカラー指定をRGBにします。

完成

ブラシが反映され、色も変えることができました。

momo
momo
ちなみに、線だけにするとこんな感じだよ!

アピアランスで手書き風アイコンに変える方法

続いて、ブラシではなくアピアランスで変えていく方法です。

mito
mito
トレースする手順はブラシを適応させる方法と同じですのでそちらをみてください。

レイヤーを選択し、アピアランスを適応させる

まずは、時計の針のレイヤーのみ選択します。

アピアランスパネルを開き塗りを変更

アピアランスパネルを開き、そこから塗りの色を変更します。

効果をつける(落書き)

塗りのレイヤーを選択した状態で、新規効果を追加>スタイライズ>落書きをクリックします。落書きオプションウィンドウを開きプレビューで確認しながら数値を調整します。

 

 

効果をつける(ぼかし)

続けて、塗りのレイヤーを選択した状態で、新規効果を追加>スタイライズ>ぼかしをクリックします。ぼかしウィンドウを開きプレビューで確認しながら数値を調整します。

 

完成

同じ手順で他のパスにも効果をつけて完成です。

 

-THE END –

ABOUT ME
mito
こんにちは!mitoです。 2児の母で、フリーランスのWebデザイナーをしています。 2019年1月からWebデザインの勉強を始めました。 子育てをする中で、自分の生活に働き方を合わせたいと思うようになり、2020年4月からフリーランスになりました。 好奇心旺盛でやりたいこと多め、ワクワクすると止まれない性格です。 同じように一緒にチャレンジする人の背中そっと押せたり、励ましあえるようなブログになるといいなと思っています。