デザインの勉強

【Photoshop】ピクセル、パス、シェイプ の違いを理解しよう

こんにちは、mito(@mito_works)です。

illustratorからPhotoshopに貼り付ける際の選択肢に出てくるピクセル、パス、シェイプ 。

momo
momo
長方形ツールなどで図形を作成するときに出てくるよ!
mito
mito
どれを選ぼう??と迷うことありませんか??

今回は、そのピクセル、シェイプ 、パスの違いについてまとめます。

ピクセルとは?

特徴
  • 「ビットマップ(ラスター)画像」のため拡大縮小すると画像が荒れる
  • 色を変えたり、後から編集することができない
  • ピクセルの上から消しゴムで消したり、ブラシで書き足すことができる(ペイントツールが使える)
momo
momo
写真、jpeg、png画像がまさにビットマップ画像だね。
mito
mito
1ピクセルずつ直接色が塗られているので拡大縮小すると荒れてしまいます。

 

momo
momo
画像が荒れてほしくない..というときはスマートオブジェクト化して使うよ!

シェイプとは?

特徴
  • 「ベクトル(ベクター)画像」のため拡大縮小しても画像が荒れない
  • 色を変えたり、後から編集することができる。
  • (ラスタイズしなければ)消しゴムで消したり、ブラシで書き足すことができない。(ペイントツールが使えない)
momo
momo
ラスタライズするというのは、シェイプ からピクセルに変更するということだよ!
mito
mito
点と線を数値化して保持。コンピューターが数値から再現するので画像が荒れません。

パスとは?

特徴
  • 「ベクトル画像」のため拡大縮小しても画像が荒れない
  • シェイプ の塗りなし線のみ。
  • パスからシェイプ へ変更できる

まとめ

色を変更するまたは拡大縮小する可能性のあるロゴデータなどはシェイプにしておく。

特に変更する必要のない画像の場合はピクセルにしておく。

momo
momo
使用用途に合わせて選んでね!
ABOUT ME
mito
こんにちは!mitoです。 2児の母で、フリーランスのWebデザイナーをしています。 2019年1月からWebデザインの勉強を始めました。 子育てをする中で、自分の生活に働き方を合わせたいと思うようになり、2020年4月からフリーランスになりました。 好奇心旺盛でやりたいこと多め、ワクワクすると止まれない性格です。 同じように一緒にチャレンジする人の背中そっと押せたり、励ましあえるようなブログになるといいなと思っています。