CODING

【簡単&無料】WordPressのバックアップをとる方法

こんにちは。mito(@mito_works)です。

突然ですが、Wordpressでウェブサイトやブログを運営されている方、データのバックアップをしていますか?
また、Wordpressのバージョンアップやテーマ変更の時の変更前のバックアップ、どのようにしていますか??

mito
mito
今回は、簡単にバックアップが取れる方法をまとめました

データがなくなってしまったら困る!!カスタマイズする前に簡単にサクッとバックアップをとりたい方におすすめの記事です。

momo
momo
ボタンひとつでWordpressの全データを完全バックアップできる「All in One WP Migration」と独自のやり方を組み合わせているよ!

All in One WP Migrationとは

All-in-One WP Migration

All in One WP Migrationはwordpressを簡単に完全バックアップできる優れたプラグインです。

  • FTPサーバーにあるWordpressの全データをバックアップ(プラグイン、投稿データ含む)
  • MySQLの全データをバックアップ
  • 戻す時もワンクリックで簡単に復元
  • 新しくインストールしたWordpressにも完全復元
momo
momo
本番データからテスト環境構築の時にも便利だよ!

デメリットは以下です。

無料版はバックアップ時は容量制限はありませんが、戻すときには512MBまでしか対応していません。
512MB以上のデータを復元する場合は、有料版を買う必要があります。

mito
mito
1年以上ブログやメディアを運営していると512MBを超えることはよくあります。私の場合は、無料でやりたかったので、手動のダウンロードを組み合わせた使い方をしています。

All in One WP Migrationを使ったエクスポート(バックアップデータ作成)

WordPressの管理画面のプラグインから以下をインストール

プラグインをひらき、エクスポートを選択。

エクスポート先「ファイルを」選択

容量が大きい場合(私は最初全てをエクスポートしようとすると2GBでした)、「高度なオプション」から「メディアライブラリをエクスポートしない」にチェックをつけて後から、FTPでサーバーアップする想定にしています!(私の場合、2GB→181MBまで小さくなりました!!!)

ダウンロードファイルができ、ダウンロードすると拡張子「.wpress」のファイルが出来上がる。

FilleZillaを使ったエクスポート(バックアップデータ作成)

mito
mito
アップロードされた画像などは別途フォルダごとダウンロードします。

uploadフォルダを選択して右クリック、ローカルにダウンロードします。

momo
momo
復元するときは、①All in One WP Migrationのインポート②FTPでサーバーアップすることで戻すよ!

 

 

ABOUT ME
mito
こんにちは!mitoです。 2児の母で、会社員。 現在は複業でWebデザイナーをしています。 2019年1月からWebデザインの勉強を始めました。 子育てをする中で、自分の生活に働き方を合わせたいと思うようになり、フリーランスを模索しています。 好奇心旺盛でやりたいこと多め、ワクワクすると止まれない性格です。 同じように一緒にチャレンジする人の背中そっと押せたり、励ましあえるようなブログになるといいなと思っています。