コーディングの勉強

簡単!ローカル環境のMAMPで複数のWordPressサイトを管理する

こんにちは。mito(@mito_works)です。

WordPressでWeb制作を行う際にまずローカル環境で制作しますよね?
その際に1つのデーターベースで複数のWordpressを管理したいと思ったこと、ありませんか?

momo
momo
自分のブログ、案件での開発環境など複数のWordpressローカル環境が必要になる場合があるよね

実は簡単に1つのデータベースで複数のWordPress環境を動かすことができるのでご紹介します。

こんな人におすすめ

MacユーザーでMAMPを使ってローカル環境を作ってる人

ローカルに複数のWordpressを動かす環境が欲しい人

mito
mito
まずは、MAMPをローカル環境で使うための環境設定の復習からです。

MAMPのインストール

ダウンロードページに遷移し、ダウンロードをします。

MAMPインストーラーを開き、指示に従ってMAMPのインストールを進めます。

アプリケーションフォルダに配置できたら完了です。

 

MAMPの設定

先ほど配置した、「アプリケーション > MAMP」内の「MAMP.app」をダブルクリックし、起動します。

MAMPを起動したら、メニュー内の「MAMP > Preferences」を選択し、設定画面を開きます。

設定画面を開いたら、「Ports」タブを開きます。
以下のようなデフォルトの設定のままにしています。

「Start Servers」をクリックしてサーバーを起動させます。

momo
momo
上の画像の赤枠で囲った部分が緑色になれば起動しているよ!

MAMPにWordPressをインストール&配置

WordPress公式サイトから最新バージョンのWordPressをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルはzipファイルです。
解凍すると「wordpress」という名前のフォルダとなり、その中にはWordPressを構成するファイルが入っています。

momo
momo
「wordpress」フォルダを「アプリケーション > MAMP > htdocs」内に移動させ配置するよ!

データーベースの作成

ブラウザでMAMPの「WebStart page」を開きます。

momo
momo
アプリケーションからも開けるよ!

続いて「PHPMYADMIN」を開きます。

「データベース」タブを選択。

「データベースを作成する」という項目を確認します。
空欄にデータベースの名前(名前は何でもOK)を入力し、その右の項目は「utf8_general_ci」を選択し。「作成」ボタンをクリックします。

データベースとWordPressの紐付け

ファイルの設置とデータベースの作成が出来たらlocalhost:8888へアクセスし、手順通り設定します。

データーベースに関する必要事項を入力します。

WordPressに関する必要事項を入力します。

先ほどの情報でログインします。

momo
momo
ログインできれば完成だよ!

2つめの環境構築

WordPressのインストール

先ほどの同じやり方でインストールを行い、ファイルごと同じ場所に配置します。

データーベースの設定

MAMP上から先ほどと同じように新しくテーブルを作成します。

データーベースとWordPressの紐付け

「MY WEBSITE」をクリック。

今回作成した「wordpress_B」をクリック

WordPressの設定画面が出るので手順に従い進めます。

以下のようにデーターベース名とテーブル接頭辞を変えるだけで1つめ作成時と同じように作成します。

momo
momo
ログインできれば完成!簡単だね!
ABOUT ME
mito
こんにちは!mitoです。 2児の母で、会社員。 現在は複業でWebデザイナーをしています。 2019年1月からWebデザインの勉強を始めました。 子育てをする中で、自分の生活に働き方を合わせたいと思うようになり、フリーランスを模索しています。 好奇心旺盛でやりたいこと多め、ワクワクすると止まれない性格です。 同じように一緒にチャレンジする人の背中そっと押せたり、励ましあえるようなブログになるといいなと思っています。