HOW TO STUDY

1日1サイトレビューで気づいたステキなサイトに共通している2つのこと

こんにちは、mito@mito_works)です!

momo
momo
1日1サイトレビュー、続いているみたいだね!
mito
mito
続いてますよ〜!毎日続けて1ヶ月以上が経過し、初期とは観察する目線も変わってきました!

最初の頃は、1つのサイトのアニメーションやカラー、デザイン、フォント、構成など細かくみてたのですが、最近は観察したサイト同士の共通点や1つのサイトについても少し抽象度をあげて達成したいゴールに対してどのように(サイト内で)アプローチしているのか?を観察するようになりました。

今回は、素敵だと思うサイトの共通点をまとめます。

mito
mito
1日1サイトレビューのおすすめする理由はこちらを読んでください!
Webデザインのインプットを増やしたい!それなら#1日1サイトレビューがおすすめです。こんにちは、mito(@mito_works)です! 6月から開始した1日1サイトレビューも3週間が経過しました。 今回は、1日1サ...

素敵なサイトってどんなサイト?

素敵!という要素には色々あると思うのですが、私が思う素敵なサイトの定義は、

わかりやすいサイト!

だと思っています。

mito
mito
作り手の伝えたいこととユーザーの欲しいが情報がうまくマッチングしているサイトがわかりやすいと言えるのではないでしょうか。
ユーザー側

欲しい情報に迷わずパッとたどり着ける。

作り手側

伝えたいことがちゃんとユーザに届く

わかりやすいサイトに共通すること

結論からお伝えすると、

どんなサービスを提供しているのか一目でわかるメインビジュアル
サービスに対する想いや理念を伝える強いキャッチコピー

例えばタオル。

競合他社が多いく、日用品として毎日使うもの。商品自体も種類が多い。これをいかに他と差別化して売るか?どんな戦略を立ててサイトを作っているのだろう?という視点で観察しました。

CASE1

育てるタオル。こちらはタイトルだけでなんだか長く使えそうな良品、高級なイメージが伝わってきます。メインビジュアルから想像するにターゲットも独身、おしゃれな男性にぎゅっと絞っています。

momo
momo
ファーストビューでタオルに対する理念どんな人に使って欲しいか?をパシッと示しているね。
CASE2

TRUE TOWEL ただしく。やさしく。」のキャッチコピーがすごく強く、こだわって作られているんだな、天然素材使っていそうだ、きっと人にも環境にも優しいのだろうなというなということが伝わります。

mito
mito
たった1つのフレーズでこれだけの情報量が含まれているってすごいですね。

(おそらくSEO対策で入れている)「大正10年から続く「老舗」今治 正岡タオル」というの一文も信頼感、安心感を与えています。

分かりやすいサイトを作るための考え方

「作り手」と「ユーザー」の両方の視点で考えるべきだと思います。

作り手視点

(大前提として)私たちは何者で何を売っているサイトなのか伝わっているだろうか?

このサービスで特に伝えたいことって何だろう?

ユーザー視点

欲しい情報って何だろう?

買う/買わないの判断は何でしているのだろう?

まとめ

良い写真にはそれだけで力があると思いました。
さらに、「言葉」も上手に使うと、キャッチコピーの一言でブランドのほぼ全てを語れるのだなと。

mito
mito
良い写真と強いキャッチコピーは最強です!

momo
momo
強いキャッチコピーを作ろうと思っても難しいよ。。と思っている人はこの本を読んでみて!

「頭をひねってひねって考え出す」とは違う方法が書かれていて目から鱗です。
次回はこの本に書かれてある方法で実際にコピーを作ったことをまとめようと思います!

 

mito
mito
みなさんもサイトレビューをする際はテーマを持っていろんな視点で観察してみてください!

 

 

ABOUT ME
mito
こんにちは!mitoです。 2児の母で、会社員。 現在は複業でWebデザイナーをしています。 2019年1月からWebデザインの勉強を始めました。 子育てをする中で、自分の生活に働き方を合わせたいと思うようになり、フリーランスを模索しています。 好奇心旺盛でやりたいこと多め、ワクワクすると止まれない性格です。 同じように一緒にチャレンジする人の背中そっと押せたり、励ましあえるようなブログになるといいなと思っています。